今回のブログでは、2012年10月26日に発売が決まった「ウィンドウズ8」について紹介します。
「ウィンドウズ8」の最大の特徴は、キーボードとマウスを使用した操作に加え、指先やペンで直接画面を触れて操作するタブレット端末にも対応する点です。マイクロソフト社は、自社開発のタブレット端末を発売することもあり、タブレットでの利用を重視しています。「ウィンドウズ8」の特徴は下記の通りです。

■3種類のエディション
「ウィンドウズ8」では、3種類のエディション「RT」「8」「8プロ」が用意されます。現在のウィンドウズ7では、4種類のエディション「スターター」「ホームプレミアム」「プロフェッショナル」「アルティメット」がありましたが、「ウィンドウズ8」では3種類とシンプルになりました。
タブレットPC向けには「ウィンドウズ8 RT」、一般家庭ユーザー向けには「ウィンドウズ8」、企業や全機能を使いたい方向けには「ウィンドウズ8プロ」があります。

■新たなスタート画面
従来のデスクトップ画面とは別に、タッチ操作に最適化された「スタート」画面が加わった2画面構成になります。パソコンを起動すると、「メトロスタイル」と呼ばれる新しいユーザーインターフェイスの画面が表示されます。画面には、「タイル」と呼ばれるブロックが並んでおり、ここからソフトウェアを起動することができます。この「タイル」の中の「デスクトップ」を選択すると従来通りのデスクトップ画面になります。

■画面左下のスタートボタンが無くなります
これまで画面左下にあったスタートボタンがなくなり、ソフトウェアの起動はメトロスタイルのスタート画面から行うことになります。頻繁に使用するソフトウェアは、画面下のタスクバーにピン留めしておくことができます。

■画面右サイドの「チャーム」メニュー
画面右サイドに表示される「チャーム」メニューには次のような機能があります。
・検索:タイルにないソフトウェアの起動
・共有:他のユーザーと情報を共有する際に使用
その他に、スタートメニューや外部機器、設定ボタンが用意されています。

■ソフトウェアの入手方法
ソフトウェアの入手方法も新たに加わり、マイクロソフト運営の「ストア」で有料、無料のソフトウェアを、直接インストールすることができるようになります。さらに、各種更新プログラムも入手できるようになります。

■クラウドとの連携
「ウィンドウズ8」では、クラウドとの連携が大きく強化され、「スカイドライブ」と呼ばれるクラウドサービスが標準装備されます。この「スカイドライブ」はインターネット上のデータの管理場所になります。そして、様々な機器やソフト、サービスが連携できるようになり、インターネットがつながっている場所であれば、いつでもどこでもデータを共有、活用することができるようになります。

上記のように、従来のウィンドウズとは大きく操作性が変わりますが、指を使ってスムーズに操作できるという点、クラウドサービスとの連携が大きな特徴でもあります。あと数年で、ノートパソコンの販売台数をタブレット端末の販売台数が超えるとも言われている時代ですので、これからのパソコンのハードウェア市場も大きく変わっていくことになるでしょう。