「ツイッターの基礎知識その4」までをお読み頂いた方の中には、Twitterに登録され、ツイートされている方も多いと思います。

今回は、気になるキーワードに関するツイートを検索する方法について紹介します。

ツイッターには

1. 任意のキーワードで絞り込む機能

2. 検索条件を検索メモに残す機能

3. 様々な検索キーワードで検索することができる高度な検索機能

があります。

まずは、任意のキーワードで絞り込む機能の使用方法は下記のとおりです。

(1) ツイッターのホーム画面上部の検索フィールドをクリックします。

(2) 検索フィールドに、検索したい任意のキーワードを入力し、Enterキーを押します。

(3) 人気のツイートが表示されます。すべての検索結果を表示したい時は、検索結果上部の「すべて」をクリックします。

ツイート以外の検索結果として、検索結果ページの左側のユーザー名をクリックすると、

入力したキーワードに関するユーザーページを閲覧することができます。

また、写真や動画を閲覧することもでき、気になるキーワードに関するツイッターを探し出すことができます。
次に、検索条件を検索メモに残す機能について解説します。

検索メモを残す方法は下記のとおりです。

(1)ツイッター画面上部の検索フィールドに検索キーワードを入力し、Enterキーを押します。

(2)検索結果ページの画面右上の歯車のようなマークをクリックし、「検索メモに保存」をクリックします。

(3) ツイッターのホーム画面を表示し、画面上部の検索フィールドをクリックすると、保存した検索メモが表示されます。

この検索メモをクリックすることで、検索結果を確認することができます。

よく調べるキーワードは、上記方法で検索メモに残すと便利です。
最後に、様々な検索キーワードで検索することができる高度な検索機能の操作手順は下記のとおりです。

(1) 検索結果画面の右上に表示される歯車のようなマークをクリックし、「高度な検索」をクリックします。

(2) 検索オプションページが表示されるので、検索条件を入力し、画面下部の「検索」ボタンをクリックします。

検索オプションには、4つの検索条件を入力できるエリアが使用できます。

■検索するキーワードを指定するエリア

■ユーザー名を指定するエリア

■地名を指定するエリア

■ツイートに含まれている付加情報を検索条件に指定するエリア

上記検索オプションを使用して、気になるツイートを検索することができますが、

目的に応じたタイムラインを「リスト」という機能を使用して作成することができます。

フォローの数が増えてくるとタイムラインに表示される内容は分かりづらくなります。

ジャンルごとにリストを作成することによって、情報を整理して閲覧することができるので便利です。リストの作成方法は下記のとおりです。

(1) 画面上部の歯車のようなマークをクリックし、「リスト」をクリックします。

(2) 「リストを作成する」をクリックします。

(3) リスト名と説明を入力し、「リストを保存」をクリックします。

(4) リストへ追加するユーザーを検索します。

(5) 入力したキーワードに関連するユーザーが表示されるので、メニューから「リストへの追加」をクリックして追加します。

(6)マイリスト画面が表示されるので、追加したいリストのチェックボックスにチェックを付けて、「リストを作成する」ボタンをクリックします。

以上で、リストを作成することができます。

ホーム画面右上の歯車のようなマークをクリックし、「リスト」をクリックすることで登録したリストを表示することができます。

ツイッターを上手に活用して楽しみましょう!