2014年4月9日にマイクロソフトのサポートが終了する「ウィンドウズXP」のセキュリティについてご紹介します。

2001年に登場したウィンドウズXPは、約13年間使用され続けているOS(オペレーティングシステム)です。このウィンドウズXPは、2014年4月9日をもって、マイクロソフトのサポートが終了してしまいます。4月9日になったらウィンドウズXPのパソコンが動作しなくなるということではないのですが、継続して使用するにはリスクが伴うと言われています。4月9日までは、セキュリティ更新プログラムが提供されているが、サポート期間が終了するとこのプログラムの更新が終了します。

 

ウィンドウズXPに限らず、OSには「脆弱性(ぜいじゃくせい)」と呼ばれる弱点があります。コンピュータウィルスの多くは、この脆弱性を利用して侵入してきます。侵入したコンピュータウィルスは、コンピュータ内部の情報を盗み出したり、パソコンを遠隔操作したりします。マイクロソフトは、この脆弱性が見つかるたびに、警告を出して、修正するプログラムを提供してきました。セキュリティ更新プログラムが提供されなくなれば、XPに新たな脆弱性を見つかったとしても放置されます。

 

ウィンドウズXPは、最新のウィンドウズに比べて設計も古く、ウィンドウズ8.1に比べて、セキュリティの面で弱いです。コンピュータウィルスが侵入すると深刻な被害をもたらしますので、注意が必要です。

被害の内容としては、

■インターネットバンキングの不正送金

■メールやSNSのアカウントを乗っ取られ、「なりすまし」やネット詐欺に悪用される。

■個人情報が盗まれる。

■企業の機密情報が盗まれる。

等の被害に遭う可能性があります。

 

また、コンピュータウィルスに乗っ取られたパソコンは、

■遠隔操作で詐欺メールを送信される

■企業や政府機関等のサーバーにサイバー攻撃を仕掛けるのに利用される

等の被害に遭う可能性もあります。

 

セキュリティ対策ソフトウェアがあれば、大丈夫なのではないかと思われる方も多いと思いますが、OSの根本的な問題はセキュリティ対策ソフトでは解決することができません。トレンドマイクロやシマンテックのようなセキュリティ対策ソフトウェアも、2015年末頃にはウィンドウズXP向けのサポート期間が終了すると言われています。

 

一番良い方法は、セキュリティが向上したウィンドウズ8.1に乗り換えることになりますが、現在、企業や個人のウィンドウズXPユーザは、多くいます。様々な会社がアンケートを行ったところ、パソコンユーザーの約30%がウィンドウズXPを使用している現状があります。

なぜ、ウィンドウズXPを使い続けるか聞いてみると、

■ウィンドウズXPでしか動作しないソフトウェアを使用している。

■ウィンドウズXPでしか動作しない周辺機器を使用している。

■新しいパソコンを導入する資金がない。

■ウィンドウズXPを使用し続けても問題ないと考えている。

という回答がありました。

 

ウィンドウズの最新のOSに乗り換えるか、ウィンドウズXPを使用し続けるかという時期になりますが、上記のセキュリティ事情も考慮して、今後の対策を検討していきましょう。

パソコンスクールシースリーでは、パソコンのOSのバージョンアップもしくは、新しいパソコンへのデータ移行サービスも行っております。

まずは、遠慮無く、ご相談ください。